顔の滝汗が止まる!?絶対試したい顔汗を止める方法5選!

やたら顔汗が出て止まらない日ってありますよね。

化粧がドロドロに崩れたり、周りから引いた目で見られたり…。

この顔汗のダクダク、なんとか止める方法はないの!?

そんな方のために、今回は顔汗を止める方法5選をまとめてみました

今すぐできる簡単な方法も記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

顔汗を止める方法5選

では、さっそく顔汗を止めるために有効な5つの方法を見ていきましょう。

ツボ押し

顔汗を止めるのに有効なツボを押して行う方法です。

痛気持ちいい程度の強さで、息を吐きながら3~5秒押して、息を吸いながら3~5秒間力を抜きます。

気が付いた時すぐにできますし、焦っている時ほどツボ押しすると気持ちが落ち着きますよ

【顔汗を止めるツボ】

  • 合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)は、人差しと親指の間の付け根から、やや人差し指寄りにあるくぼみに位置指定います。

ストレスで乱れた自律神経の機能を整え、顔汗だけでなく脇汗を止めるのにも有効です。

頭痛や目の症状、風邪の引き始めなどにも効くことから、人体の機能を高める”万能なツボ”ともいわれています。

  • 陰げき(いんげき)

陰げき(いんげき)は、小指側の付け根のシワ(手首の線)から、腕に向かっておよそ1.5cm下がったところに位置しています。

汗の他にも寝汗や動悸、息切れといった心臓の症状にも効果的で、体の余分な熱を取り除いてくれます。

  • 後谿(こうけい)

後谿(こうけい)は、手を軽く握ったさい、小指の付け根あたりが盛り上がった所に位置しています。

手相で言うところの運命線の一番端です。

肩こりに効くツボとして有名ですが、緊張や体の熱を抑えてくれる働きもあります。

汗止め帯(汗止めバンド)

汗止め帯(汗止めバンド)は、胸の上部を圧迫して発汗を抑制する方法です。

半側発汗法の仕組みを利用したもので、舞妓さんが高い位置に帯を締めて汗を抑えているのと同じ原理です。

ゴムなどで縛って代用することも可能ですが、手作りが面倒という方は通販で購入する方法もあります。

リンパ節を冷やす

冷たいペットボトルや冷却ジェルシートなどを使って、リンパを冷やし汗を止めるという方法です。

冷たいものなら何でも代用可能ですが、下記のリンパ節や血管を冷やすと効果的です。

【汗が止まるリンパ節の場所】

  • 首の後ろ
  • 左鎖骨下
  • ひざ裏
  • 太ももの付け根

ハッカ油で体感温度を下げる

虫除けとして知っているという方は多いと思いますが、ハッカ油には体感温度を下げる効果があります

涼しい、冷たいと皮膚の錯覚を起こしているだけなので、実際に体温は下がりません。

しかし体感温度を下げることで、暑いとダラダラ流れる汗も抑えることができます。

持続時間はおよそ1時間弱。ハッカ油スプレーは自作もできますが、普通に購入することもできます。

顔用の制汗剤(制汗スプレー)

購入する手間はありますが、持続的な効果を発揮してくれるのがこの顔用制汗剤です。

顔用の制汗剤は、普通のボディ用制汗剤とは違い、肌にやさしい成分や仕組みを採用しています。

8×4(エイトフォー)やAg(エージー)といった一般的な制汗剤は顔に使用できませんので注意してください。

【顔用制汗剤の人気商品】

1.テサランフェイス


2.サラフェプラス



3.AHCセンシティブ


4.ノアンデ




5.トリムクール


まとめ

顔汗を止める方法5選を紹介しました。

精神からくる顔汗は、焦れば焦るほど滝のように出てくるため、まずは落ち着くことが滝汗を止める秘訣です。

ツボ押しは今すぐできる対策なだけでなく、呼吸と合わせて押すことで心の落ち着きにもつながります。

一時的に顔汗を止める方法よりも持続性を得たい!という方は顔用制汗剤を利用してみましょう。